サウンド ストーリング マシーンズ 蓄音機 CD 〜日本最古の78回転レコード 1903-1912 授与 805円 サウンド・ストーリング・マシーンズ(蓄音機)〜日本最古の78回転レコード 1903-1912(CD) ミュージック 日本の伝統音楽・芸能 民謡 /ascogonidium1870326.html,ミュージック , 日本の伝統音楽・芸能 , 民謡,datatechnica.jp,805円,サウンド・ストーリング・マシーンズ(蓄音機)〜日本最古の78回転レコード,1903-1912(CD) 805円 サウンド・ストーリング・マシーンズ(蓄音機)〜日本最古の78回転レコード 1903-1912(CD) ミュージック 日本の伝統音楽・芸能 民謡 サウンド ストーリング マシーンズ 蓄音機 CD 〜日本最古の78回転レコード 1903-1912 授与 /ascogonidium1870326.html,ミュージック , 日本の伝統音楽・芸能 , 民謡,datatechnica.jp,805円,サウンド・ストーリング・マシーンズ(蓄音機)〜日本最古の78回転レコード,1903-1912(CD)

お買い得品 サウンド ストーリング マシーンズ 蓄音機 CD 〜日本最古の78回転レコード 1903-1912 授与

サウンド・ストーリング・マシーンズ(蓄音機)〜日本最古の78回転レコード 1903-1912(CD)

805円

サウンド・ストーリング・マシーンズ(蓄音機)〜日本最古の78回転レコード 1903-1912(CD)

商品の説明

内容紹介

■日本音楽の素晴らしさを再発見! 20世紀初頭、78回転盤に刻まれた最初期録音の数々が蘇る!!!

世界中の音源を掘り起こしてきたシアトルの人気レーベル Sublime Frequencies がミャンマー、韓国に続く〈アジアのSP盤アンソロジー〉第3弾として選んだのは、なんと日本の20世紀初頭の音源だった。フレッド・ガイズバーグ一行が日本で初めて録音を行った1903年の2月から1912年の間に、英国グラモフォンや米国コロンビアといったレコード会社によって出張録音された貴重な音源など15トラックを厳選。雅楽から義太夫、俗曲、落語、尺八などの器楽演奏まで、当時日本で盛んだった様々な〈音〉を収録している。オリジナルの英文ライナーのほか、本作には日本の芸能史研究の第一人者で、SPレコード研究家の岡田則夫氏による日本語解説を添付し、当時の出張録音の背景から収録曲の内容まで、詳細な説明を加えてくださった。外国人から見た〈日本吹込み事始〉といった内容の本作は、改めて日本音楽の歴史を見つめ直すキッカケとなりそうだ。

●日本語解説:岡田則夫

トラックリスト
1. 雅楽「陪臚(平調)」雅楽師長東儀季煕氏外雅楽師
2. 義太夫「千両幟櫓太鼓」豊沢兵吉・三味線
3. 長唄「筑摩川」東屋小満之助
4. 俗曲「かっぽれ」新橋すま子
5. 法界節「追分節」法界連
6. 三曲「松風」上原真佐喜、高橋清章、福城可童
7. 落語「浮世風呂」柳家小さん
8. 雅楽「合歓塩(太食調)」雅楽師長東儀季煕氏外雅楽師
9. 竹琴「汐くみ笠尽し」三升家勝栗
10. 謡曲「杜若」梅若万三郎、梅若六郎
11. 尺八「三十三間堂きやり」一睡軒花堂
12. 俗曲「猫じゃ猫じゃ」吉原〆寿
13. 義太夫「堀川猿廻し」 竹本大隅太夫、豊沢団平・豊沢仙之助・三味線
14. 義太夫「三勝半七酒屋」 竹本春子太夫、豊沢新左衛門・三味線
15. 義太夫「太功記十段目」井上里貴司、豊沢新左衛門・三味線

メディア掲載レビューほか

日本音楽の素晴らしさを再発見!20世紀初頭、78回転盤に刻まれた最初期録音の数々! (C)RS

サウンド・ストーリング・マシーンズ(蓄音機)〜日本最古の78回転レコード 1903-1912(CD)





更新情報一覧はこちらopen

11月12日 医療関係者
会計年度任用職員(医事課事務員)募集
11月10日 リハビリブログ
集合写真を撮影!こんなに増えました!
11月10日 診療科等
施設基準と業務実績
11月09日 患者様・ご家族
インフルエンザ予防接種
11月08日 患者様・ご家族
外来受診診療体制表/休診表 整形外科・人工関節センター
11月08日 医療関係者
臨床工学技士募集
11月08日 医療関係者
診療放射線技師募集
11月08日 医療関係者
臨床検査技師募集
11月08日 医療関係者
管理栄養士募集
11月05日 患者様・ご家族
外来受診診療体制表/休診表 小児科


外来のご案内

受付時間

午前  8:30~
午後 13:00~
再来受付機で受付される方は、8:00~となります。
診療科によって受付時間は異なりますので外来診療体制表でご確認下さい。

休診日

土曜日・日曜日・祭日

職員ブログ